『「データ流通」社会の実現に向けて、DTAは何をすべきか?』


■ 日時
2019年3月27日(水) 13:00〜17:40 *受付開始12:30

■ 場所
日本青年館ホテル会議室:新宿区霞ヶ丘町4-1(東京メトロ銀座線外苑前駅徒歩5分) >>MAP

■ プログラム

12:30-13:00開場・受付
第1部 合同委員会
13:00-14:00・開会挨拶および事務局からのご案内
・各委員会からの活動報告
 – 運用基準検討委員会
 – 認定・監査委員会
 – 技術基準検討委員会
 – 利活用促進委員会
第2部 データ流通推進フォーラム
14:00-14:30【講演1】「デジタル時代の新たなIT政策の方向性」
内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室 上席CIO補佐官 平本健二氏
14:30-15:10【講演2】「Data Free Flow with Trust と企業のデータ利活用戦略」
東京大学政策ビジョン研究センター 教授・副センター長 渡部俊也氏
15:10-15:20休憩
15:20-15:50【講演3】「データ流通社会の実現に向けた取り組みについて」
総務省 国際戦略局通信規格課 専門職 稲森伸介氏
15:50-16:20【講演4】「データ利活用とデジタルガバナンスについて」
経済産業省 商務情報政策局情報経済課 課長補佐 関根悠介氏
16:20-16:30休憩
16:30-17:30【パネルディスカッション】
テーマ:「データ流通」社会の実現に向けて、DTAは何をすべきか?
パネラー:総務省 稲森様、経済産業省 関根様、真野事務局長(エブリセンスジャパン)、内藤委員長(オムロン)、若目田委員長(NEC)、筏井委員長(あずさ監査法人)
モデレータ:杉山理事(ウフル)
17:30-17:40閉会の辞
18:00-19:30懇親会(事前申込み・会費5,000円) 会場:TEPIAレストラン